FC2ブログ

つぼみを確認

ことしも日を跨げばあと1日になってしまいました。
クリスマスローズの交配をこれからもずっと続けるには全然時間が足りません。
・・・・・
この株は今月初旬に屋外からブログの記事用に室内で管理を始めたものの一鉢です。 
012_20151230213502bb5.jpg TH2016-006
鉢の大きさはセラアート5号ロング鉢、実生2年目以降の中で比較的成長の早めのものを
この大きさの鉢に植え替えて管理しています。
奥のシックな感じのクリーム色の鉢はこのセラアートの鉢より深さがあるので昨年から使い始めています。
この他にスリッドの入っている汎用プラ鉢も使っていますが、
どうしてもスリッドの隙間からダンゴ虫が鉢内部に深く入りこんで根を食い荒らした挙句
集団でコロニーを作ってしまうので枯らしたくない交配苗には使用を躊躇しています。
毎年でなくても定期的に植替えが出来ればどの鉢を使っても問題無いと思っているので
あとは鉢内の水捌けが悪くならないように周年注意することかなぁ、
ピートモスは細かすぎて後々目詰まりしそうなので用土に混ぜていません、
赤玉、鹿沼の中小の混合にパーライトを混ぜたものを基本に肥料入りの園芸用土を少し混ぜる程度、
ロングポットには必ず軽石の鉢底石を敷いて植えつければ水遣りのときサッと水が引いて行くと思います。
005_20151230213423033.jpg 
この株の展開の始まった芽の奥深くに小さな白い蕾があるのを確認しました。
004_20151230214456200.jpg 芽が動き始めた頃
今月の初旬は芽が小さくて原種チベタヌスだったらまず花芽のならない程の大きさだったので
本当にこれが花芽であるのか半信半疑でした。
我が家のチベタヌスの交配種には葉芽や花芽に赤色(ピンク)系の色素が顕著に現われる事、
でもこの株には赤色系の色素が現われていない様な気がするのです・・・
それともう1つ、初開花なのに芽数の分岐もやけに多いのも気になるし、、、
今度こそ、ちょっと毛色の違った別物が開花しそうな雰囲気がします。






スポンサーサイト

蕾の内側にチベタヌス由来のピンクベイン

先日のブログで 「年内に咲くかも・・・」 とついつい書いてしまいましたが
今年1年間を振り返ってみると
過去の一度も人類が経験しなかったような事件や異常気象があった2015年は
今日を含めてあと4日しか残っていませんでした。
 TH2016-001
よって、年内開花は無理、多分、来年早々に開花すると思われます。
002_201512282057599d9.jpg 
ここ数日でハイブリッドxチベタヌスの蕾の色が優しいピンク色に染まってくのると同時に
開きかけた蕾の内側に原種チベタヌス由来のピンク色のベインが見えてきました。
・・・
あとは花弁の内側に展開するベインの入り方次第で
飛びっきりの美人さんかそうでもない美人さんかが決まってきます。
さあてどっちだろう・・・・





花色の変化、今年は何色?

ここ数日寒風の吹く厳しい天気ながら日中の陽射しのおかげで順調に花芽の成長が続いています。
001_20160201224756000.jpg
ガーデンハイブリッドと同様にハイブリッドxチベタヌスの交配種も
開花するまでの生育環境によって年毎に花色の変化の著しい固体があり
この株を特に選んで年毎の花色の変化の違いを経過観察を続けています。
008_20151226224153d33.jpg 2013/1/19 撮影
これが同株の開花初年度(2013年)の時の花色で、
色合いがかの有名なよしのさんの雰囲気に似ているかもって
それはそれはぬかよろこびしたものでした。
008_20151226223431cc6.jpg 2015/2/7 撮影
そしてこれが同株の今春(2015年)に開花したの時の様子
まあ今年咲いたこの花は、
これはこれで色合いが大好きなピンク色で良かったのですが
昨年(2014年)咲いた時は花色のバランスがひど過ぎて写真にも残せませんでした。
・・・
ということで、ことしの蕾をみて見ると今の所、結構薄い色してます。
さて、今年はこの株が初年度に開花した時の花の色に戻るのか、
もしかして、
この株は特に開花までの蕾の期間が長ければ長いほど花色に影響が出やすいのか?

そうでない株も確かにあるんです。



年内に開花するかも・・・

今年もクリスマスは手作りケーキでお祝いだぁ、、、
日本には八百万の神様がいるので異国のお祭りでも何でもやっていいのさ自由です。
という事で、23、24日は、ショコラケーキを作ってみたり、
手作りスポンジケーキにイタリアンメレンゲ乗せて再度オーブンで焼いてみたり・・・
おまけに小豆ロールケーキを作ってみたり、、、
でも唯一失敗したのは一番簡単そうなロールケーキの生地の焼き具合、
クッキーみたいに硬く焼けた生地は家族みんなで罰ゲームさ、、、

美味しかったクリスマスも終わって
今日もこりずに12月16日の記事で蕾の先端が見え始めていたチベタヌス交配の続きです。
 TH2016-001
花柄がすらっと真上に立ち上がって順調に成長しているようで
これから蕾が膨らむ過程でより濃くなるか薄くなるかは分かりませんが
ピンクの蕾の色もこの交配種に現われる標準的な色合いかと・・・・
これがもし原種チベタヌスの開花株だったら、
この大きさの蕾で明日上を向いて咲いてもおかしくありませんが
この蕾の大きさからだともう少し蕾が大きく膨らむだろうし
年内に開花するかどうかは半々くらいかなぁ。。。




クリスマスローズ ニゲルが咲いています

今年の冬は例年にない暖かい日が続いています。
極寒の当地では例年だったら翌年の春先に開花することが多い庭植えのニゲル達ですが
実際クリスマス当日に全開で咲いてくれたのは何年振りの出来事だったか・・・
あれっ・・全然、思い出せません。
 
ここは日中ほぼ日陰になるのにも関わらず咲いてしまいました。
やっぱりニゲルの白は良いですね
このニゲル、1つの花柄に一輪咲きみたい、自分の思っているニゲルの理想の咲き方です。
栄養状態が良くなって同じ花柄で2番花、3番花が咲いてしまう系統は、ちょっと・・・
種から育てるニゲル、
実際はチベタヌスとの交配に失敗した残骸の一株なのですが
実生ごとに咲き方の違いが現われるのも一趣一興と理解するとします。
016.jpg 
このニゲルが我が家のニゲルの中で一番古いニゲルです。
株が大きくなりすぎて昨年初めての株中央でバッサリ半分に株分けして近所の方に差し上げました。
不思議なことにこのニゲル、名前も素性も分からない無名品でしたが
小さなポット苗を入手以来、
放置でも自家受粉でもチベタヌスとの交配でも種が全然稔りませんでした。
種も出来ない駄目だめニゲルですが何故か処分できないでいます。
これって完全にクリスマスろーず病ですね・・・





ニゲルxチベタヌス、ピンク色の蕾が見えてきました3

今日は12月12日にブログアップしたニゲルxチベタヌスの交配種の様子の続きです。
 
前回のアップから10日ほど経過しました。
曇り空の日が続いていたので日中の気温が全然上がってくれません。
成長にブレーキが掛かってしまったのか蕾の形がはっきり見えてきた程度の変化です。
005_201512232132269fc.jpg 
1日も早い開花を待っているのですが、
このブログを記録を辿ってみると、この株の今年の開花日は結局2月の初旬過ぎでした。
ここは室内ですが、暖房を入れていない無加温の環境に置いてあるので
天気次第で開花が遅れてしまうのは仕方ありません。
006_201512232132430fc.jpg 
かと言って同じ環境下でも一旦開花スイッチが入ってしまうと
この株のように花柄が立ちあげ、膨らみかけた蕾が早くも下を向いている株もあります。
007_20151223213257f24.jpg 
最後に、この蕾のまま成長を止め咲いてくれなかった困ったちゃん、
花芽になりそう芽は見たところ1個か2個程度、
たくさんある新芽の多くは葉芽のようです。
今季期待の自作のピンクアイスの一株なんですが・・・
ガンバ!!






追記

相手方と連絡が取れ誤解であったということで全て解決しましたので追記記事を削除しました。



チベタヌス交配、今シーズン初開花の蕾Ⅱ

12月16日の記事に続いて、本日も花芽から蕾の先端が見えてきた
今シーズンの初花になるハイブリッドxチベタヌスについてまとめてみました。
 TH2016-002
この株には薄いピンクに色付いた蕾の内側にチベタヌスに由来するベイン模様が確認出来ました。
008_20151220212223e3a.jpg TH2016-003009_20151220212238af0.jpg TH2016-004
今日現在、他の株はまだ蕾の先端が見えてきたところ、
001_201512252134309e7.jpg TH2016-005
003_20151225213704332.jpg TH2016-006
昨シーズンに咲きそうで咲きそびれてしまった株は初開花なのに芽数が増えております。
・・・
ハイブリッドにチベタヌスの花粉を交配した実生苗の中から初めての本葉が展開した時、
チベタヌスの実生当年苗の本葉と形が似ているもののが見つかれば
先ず、チベタヌス交配の第一段階がクリア、、、、
初期成長が遅いのは原種チベタヌス由来かも知れませんが
開花株まで成長すれば種が殆んど稔らない分、ハイブリッドと同様の力強さを感じます。
・・・
今シーズンに新しく咲くチベタヌスの交配種達、逆に初期選別からもれた苗から育てたハイブリッドに
チベタヌスのピンクベインを受け継いだものが無いものか、
もしそんな花が咲いたら面白いのになぁ・・・




チベタヌス交配、今シーズン初開花の蕾

明日から真冬の寒気が関東近くまでやって来て、やっとこの時期らしい寒さが戻ってくるようです。
庭のニゲル達も結構開花し始めている株もここ数日で目立って増えていて
年内には滅多に咲いてくれないニゲルも思い掛けない暖冬を謳歌しているようです。
 TH2016-001
昨年咲きそびれた 「ハイブリッドxチベタヌス」 交配の未開花苗の花芽から
薄いピンクに染まった蕾の先端が見えてきました。
まだこの花の開花には時間が掛かりそうですが
1日も早く蕾の内側を見たいものです・・・

花色の冴えや濃淡の変化について、
開花時までの時間の長さと気温の高低差が影響する事は
クリスマスローズを栽培している方なら誰でもご承知だと思います。
・・・
ここ数年の自分自身の経験上での話しですが、
チベタヌスの交配種が初開花する時は、
概ねこんな感じで控えめな薄ピンクを基調とした色合いの蕾が展開してきます。
この蕾のように、このまま綺麗なさくら色で咲いてくれれば、
誰もが羨望するかの有名なよ〇のさんと感じが似ている花が咲いてくれるのですが
この交配種、翌年も同じ色で咲いてくれるとは限りません。
結局、株が充実するにしたがって年々花色が濃いピンク色になっているような・・・
・・・
今年は例年に無い暖冬、
開花までの気温の高い日が続けば薄いピンク色の花が咲くかもネ。。。






ミヨシのブラックパールに初めての蕾がつきました。

 
近隣のHCでの今春の売れ残り処分品だった9cmポット苗、ミヨシのブラックパールです。
ポット小苗を入手した時は初開花するのにもう1年掛位かると思っていましたが、
なんと、、、小さな蕾がみえる花芽が早くも動き始めているではありませんか
花芽の数を数えると5,6個はありそうです。
どうやらこのブラックパールという品種、ふれ込みどおりに小輪多花性のようであります。
・・・
小輪系といえば我が家には別に、

・デュメタラム系のダブルの交配種・・・これは褐色の花で小輪咲きではありませんでした
001_201512152313541cb.jpg 2014/3/28 撮影
この花色の株を交配に使うのは自分的にかなりの抵抗があります。

・実生から偶然咲いた小輪咲き・・・苞葉の形が特徴的、残念ながら今春は咲きませんでした。
011_20151215215413891.jpg 2014/4/8 撮影
この株は多花性ではなく、「一茎一輪咲き」では無いかと密かに疑っています。

・唯一のスイング系シングル・・・これは思ったほどの小輪ではありませんでした。
002_20151215220710868.jpg 2010/2/12 撮影
このスイング系の株、今春に種を採った影響でえらく消耗しきって今にも枯れそうです。
ハイブリッドダブルとの交配で子孫を残しておけば良かったと後悔しています。

最後は、今年入手のプチドール栞のポット苗・・・来年の秋は白い花の小輪多花性の蕾が見れそうです。

白系の小輪系多花系の花が今まで無かったのでプチドール栞の今後の交配に期待ですが、
今後は、チベタヌス中心の交配だけでなく
ガーデンハイブリッド系同士の交配もやってみようか色々思案中です。




管理者宛へのコメント入力および返信について

当ブログへの管理者宛ての非公開コメント入力および返信について
・・・
いつも当ブログにご来訪ありがとうございます。
現在数件の非公開コメント入力が管理者宛に頂いておりますが、
メッセージを送っていただいた方のSNSに直接返信する際、
返信用フォームのメールIDが必須項目になっているためご返答できません。
現在、当サイトのメールIDは非公開にしておりますのでどうかご了承願います。
・・・
また当サイトでは交配苗の商取引は今の所一切行っておりません。
誠に申し訳ありませんが、この記事でお知らせ致します。
・・・

追記
当ブログの交配種の画像を無断コピーし、WEB等にて商用利用されている方がおられます。
誠に勝手ではございますが、特に商用目的での画像転用をしない様、お願い申し上げます。



プロフィール

チベタン

Author:チベタン
------------------------
<< ここから >>
遠くに那須連山が良く見えます
<< これまで >> 
クリスマスローズの交配を始めて
今年で11シーズン目に突入です
<< これから >>
原種チベタヌスの実生苗が
ようやく7年目で一株開花しました
------------------------
FC2ブログへようこそ!
------------------------
・・・
当ブログの画像の商用利用に
ついてはご遠慮願います。

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。