南湖森林公園の様子

先日、近くの森林公園の遊歩道が公開されたので改めて紹介します。
この公園の本体は福島県立南湖公園(県立自然公園)ですが、
南湖公園の北側に隣接する広大な山林(市有地、私有地を含む)20.4haを
里山の遊歩道として整備し、10月23日に一般に無料開放されました。
という事で、ここは厳密には、全国的に有名?な南湖公園で無いので、
入り口に立っている大きな案内図には南湖の絵は入っていません。(至る南湖はありますが)
 公園案内図
駐車場は20台です。(大勢の観光客が来場する事は全く想定していません)
 那須連山
新しく出来た山腹の駐車場から見た那須連山と白河市街です。
さすがに見晴らしが良く、ここは市内でも有数の那須連山を望むベストスポットです。
栃木県那須塩原市は写真の左側の峰(見えませんが)をずっと降りたところにあります。

駐車場の入り口にある案内図を右に曲がり、舗装されたこの道を登って行くと南湖公園に出ます。
車道は駐車場迄なので、散策の際は歩きやすい靴を用意しましょう。 道標
森林公園内の遊歩道には道標があり、この道は舗装されていますが、
各遊歩道にはウッドチップが敷かれているので足の負担無く歩くことが出来ます。
この道標を左に降りると山の斜面にコアジサイの小さな群落がありました。 コアジサイ
こちらの山林内には、県立公園内の様に毎年の下刈りがされなかったのか、
あちこちにコアジサイの小群落が見られ、初夏に咲いた枝の先端に種がたくさん実っていました。
来年の初夏の開花期も是非行こうと思います!!
福島県南部がコアジサイの北限と言われていますが、
福島県中通り地方は、南に行くほど標高が高く気候も涼しくなるため、
実際はもっと北に北限があるのでは?と思います。
ここの直ぐ近くにショウジョウバカマ、カタクリの群生地があります。
ここは北側の急斜面になっているので、人の出入りも少なく自生地が
辛うじて残ったのかも知れません。
 管理棟前の杉林
森林公園内に管理棟と芝生の広場が出来ました。
近隣の小学生の春の遠足の昼休憩に丁度良いと思われます。
 管理棟の広場
 山桜の大木
定期的に自然観察教室も開かれえるそうです。
あまりに広いので他の区域の様子は、自生する季節の山野草の紹介を兼ねて別の機会にします。

スポンサーサイト
 | ホーム | 

今年の冬は暖冬かも?

 2010/10/25
夏の初めは1cm位の小さな子カマキリだったのに、いつのまにか母親になっていたんですね。
なんと、今日は地植えの枯れかかったニゲルの葉柄に産卵していました。
この所の急激な寒さの為に弱ってしまい、仕方なく高い枝に登れなくて無理に産んだのかも?
巷では、カマキリの卵嚢の高さによって、その年の冬の降雪量が分かると言われています。
地際10cm位の高さに産卵した所を見ると、今年の冬はそんなに雪が積もらないって事か?
そう言えば今年の2〜3月は、何度も繰り返し大雪が降り気温も低めでした。
今度の冬は果してどうなんでしょう。

 | ホーム | 

今年も恒例の行事です : レンゲショウマの種蒔き

今朝の気温は今秋最低の4.8℃まで下がりました。
いつの間にか冬が近づいているようで、先週まで頑張っていたナスさんも急激に元気を無くし、
今年の夏の家庭菜園も終了しました。
今年も美味しい夏の恵みをありがとうでした。
・・・・・
 レンゲショウマの鞘
そして、毎年恒例のレンゲショウマの種蒔きに挑戦します。
種蒔き経験者によると、種蒔きの適期は採り蒔きで、
適当にパラパラするだけで春に発芽するそうです。
昨年の種蒔きでは、やはり採り蒔きで、しっかりと根元に浅く埋めたのですが、
唯の一粒も発芽に至りませんでした。
この株自体、かなり大株になっているので、株分けをすれば簡単に増やせるのは
分かっているのですが、やはり種蒔きによって増やさないと気が澄まないというか、
困ったことに全然納得することが出来ません。
毎年、同じことの繰り返しで全然が進歩がありませんが、
もし発芽したらチベタの初めて発芽より感動することでしょう。
発芽しなかった原因が分かるように、色々パターンを変えて蒔いてみるつもりです。
はたして結果は訪れるのでしょうか!?


 | ホーム | 

里山の遊歩道

明日(10/23) は、近くの森林公園の自然林内の遊歩道が
「市民が気軽に楽しめる里山」 として 一般にオープンするそうです。
数年前から少しずつ整備が進んで、管理棟、遊歩道、展望台、駐車場も
新しく出来て便利になりました。
この公園は江戸の昔(1800年頃)、藩主松平氏によって、武士、町人、農民も自由に利用できる、
日本初の公園としてつくられました。
全国的に有名な偕楽園や後楽園は、庭園として造られたものなので
公園としての位置づけではありません。
近年、この公園を囲む森林は里山として有効に利用すること無く、
林内は暗く荒れ放題になっていましたが、複数の新しい遊歩道が整備されたので、
今回の整備事業で誰でも簡単に入山、散策が出来るようになりました。
 2009/4/12 の整備中の様子
場所によっては、地形も変わってしまう程に造成されてしまいましたが、
歴史のある古い公園なので、珍しい山野草も自生しているようです。
気になる植物として、当地方が北限とされているヤマアジサイの仲間のコアジサイが、
所々に群落を作って自生しています。
コアジサイの花は決して目立ちませんが、開花期は独特の甘い香りを山中に漂わせて、
不思議な世界に迷い込んだような気がしたのを覚えています。
残念なことに、林内は数年毎に綺麗に下刈りをしてしまうので、
今年の初夏は数株しか開花株を見ることが出来ませんでした。
もう一つ、気になるのは日本タンポポです。
春先の明るい地面に黄色く咲いている花は、何故か殆んどが日本タンポポでした。
別に珍しくないと思われる方も多いと思いますが、
外来の西洋タンポポが大幅に勢力を増している中、大変貴重なことだと思います。
今回の開発で環境が変わって、貴重な自生種が消えてしまわないか、
絶滅危惧種を論じている最近話題の ”なんとか会議”のように身近な所にも自然破壊が
進んでいるようです。
完全な自然保護が大事か、適度の開発が最善か、里山の管理は本当に難しい問題です。
・・・・・
全ての遊歩道を隈なく歩くと半日は掛かりそうな位に広い(約20ha位)です。
カタクリの自生も数箇所ありますが、わざわざ見に行くほどの群落ではありません。
立派な群落を作るには、やはり里山を利用する沢山の人の協力が必要です。
もし、10年後、この公園内にカタクリの大群落が出来たら、
きっとそれは、誰かが飽きもせずに種蒔きをしたからです。
種蒔き = 夢 がありますね!!。

 | ホーム | 

イワシャジンの花


ヤマアジサイの大鉢に植えてあったイワシャジンがいつのまにか咲いていました。
下を向いて咲いた青い花、どうしてこの花はこんなに青いんでしょう。
不思議です。
何故かまともに開花しない年が多いので、綺麗に咲いた今年はラッキーでした。
・・・・・・
ずっとやらねばと思っていた、クリスマスローズの実生ポット苗の植替えを、
今週やっと完了しました。

大きさに合わせて10.5cmと12cmの汎用ポットに植替えしましたが、
はたして全部で何株あったのでしょう。
数については、あまり深く考えないようにしています。 


 | ホーム | 

大文字草


今年も庭のダイモンジソウの花が満開です。
朝日を浴びて純白の花が冴えて見えます。

こちらは夕方に撮った別の株です。
午前中のようにキラキラと光って見えませんが、
薄暗くなってもほんのり白く浮かび上がってみえます。
この時期の庭は花の種類が減って寂しくなりますが、
ちょっと日が射すと小さな花が白く輝いて晩秋の楽しみの一つです。
・・・・・
この場所は例のツツジの木の下です。
エビネやらナンザンスミレやらと他にもチベタなど色々植えてあって完全入足禁止地帯です。
数年後には実生の原種シクラメンコームもここで沢山咲く予定です。
その日まで、せっせと雑草取りをするとしましょう。
・・・・・
ブログは大変便利です。
昨年の開花日が早いのか遅れたのか簡単に比較出来ます。
猛暑が来る前は2週間くらい季節が遅れ気味だったのに、秋になってどうだったのでしょう。
世間では猛暑で蚊が減っているという報道がもっぱらでしたが、
今年ほど蚊が多かった年は初めてです。
現在でも日中に庭に出て、ものの1分もじっとしていれば必ず刺されてしまいます。
もともとここは涼しい気候なので、今年は活動に丁度良い気温だったのかも。
いい加減、勘弁して欲しいです。
温暖化絶対反対!!


 | ホーム | 

クリスマスローズの植え替え


10月はクリスマスローズの植え替えの適期です。
今週はガーデンハイブリッドの開花見込み株を中心に植え替えをしています。
ほとんどの実生苗は、現在、10.5cmポット、12cmポットに植えて栽培していますが、
今月は、ことし初花を付けた実生苗を含め、全ての実生苗の植え替えを行う予定です。
見た目、来春初花の咲きそうな鉢から植え替えを始め、
今日で育苗箱を8ケース分、計、160鉢ほど植え替えました。
古く黒くなった根を全て洗い落とし、指先に力を込めて絡まった長い根を解いたおかげで、
指先と爪の間に深く土が入ってしまい痛くて痛くて大変でした。
指先の保護の為に手袋をして作業するべきでした。
再来年の開花予定の実生苗は、この倍以上あるので気が遠くなってしまいます。
・・・・・
鉢植えで栽培では、この植え替えを数年ごとにしないと、
急激に株が衰えたり最悪の場合枯れてしまうので、ここは我慢のしどころです。
植え替えの作業をしていて分かったことは、葉に元気の無く成長の遅い苗は、
新しい根が見当たらなく古くて黒い根ばかりで、
勢いのある苗は白くて新しい根が次々と伸びています。
もう一つ分かったことは、来春に開花しそうな苗は、
この時期にもう地際の茎元がかなり太くなっています。
実生苗は毎年鉢増しした方が順調に生育するようで、
手抜きした苗は開花が1年以上遅れてしまうようです。
実生栽培の初心者の方は特に今月の植え替え適期を逃さないよう注意しましょう。

 | ホーム | 

セッコクの実


秋も深まってきましたが、この夏の猛暑のせいか、
今頃になって季節はずれのセッコクの花が咲いています。
 ↑ の写真の右、中央にセッコクの果実が右奥を向いてなっているのが見えるでしょうか?

季節を通して庭の木にぶら下げているので、
セッコクに実がなっているのに気が付きませんでした。
長さが 2cm くらいの小さな実ですが、実物を見たのは初めてです。
多分、この実は春の開花時に自家受粉したものだと思います。
実が熟して割れると中から飛散した種が遠くまで飛ばされて、
その場所が偶然に条件に合えば発芽するそうです。
セッコク等の着生ランは、自然でもラン菌の助け無しで発芽するらしいので、
色々調べて発芽実験をしてみようと思います。
・・・・・
普通、洋ランのデンドロビュームは最低温度が 5℃ は必要と言われています。
現在、セッコクを片親にした寒さに強く背丈の小さい洋ランのデンドロビュームとの交配種も
販売されているようですが、−10℃以下の屋外の寒風下ではさすがに無理でしょう。
何代も耐寒性のあるセッコクとの交配を繰り返せば、
温度管理の必要ない綺麗な色の花の咲く品種が生まれるかもネ?


 | ホーム | 

交配種の成長

 2010/4/6 2010/5/8 2010/10/5
昨年の春に発芽した交配種の現在の様子です。
このポット群は発芽した1年目の成長が遅くて、秋まで小さな本葉が1〜2枚のままでした。
今春に展開した新しい本葉は、夏までに成長を止めてしまい、
5月の状態と本葉の大きさは変わっていません。
だいぶ涼しくなってきたので、ガーデンハイブリッドの小苗のように、
今秋にも新しい本葉を展開するのか、来春まで待って動き始めるのか、
ここが一番興味のあるところです。
まだ、この苗達は小さいので来春の開花は望めませんが、
翌々年の春には、是非、開花して欲しいものです。
実生苗に期待ハズレは憑き物ですが、一体、どんな花が咲くんでしょう?
今日の新聞広告で近所のホームセンターカンセキに
クリスマスローズのポット苗が沢山入荷したようです。
さっそく冷やかしに行って来ましたが、今年もクリスマスローズのシーズンに入ったんですね。
皆さんも反則のラベルに負けないで収集しすぎに注意しましょう。
種蒔きの誘惑にも負けると、とんでもない事になってしまいますょ。

 | ホーム | 

原種シクラメン ヘデリフォリューム


これは、現在、玄関前の小さな庭のスペースで咲いている
 「原種シクラメン ヘデリフォリューム」の白花(アルバ)です。
花色は別にロゼアもありますが、ロゼアの方は気温が低くなってから色が冴えてきます。
夏の間は球根で過ごし、葉が大きく展開する冬まで切れ目無く咲く花は、
交配育種された綺麗な花と違って派手さは有りませんが、
目立たないこの花が気に入っています。
・・・・・・
写真では良く分かりませんが、こぼれ種から育った実生が芽を出し始めています。
開花中は放って置いても勝手に受粉して、クルクル巻いた沢山の実がなります。
今春は秋蒔きをしようとして沢山の種を採りましたが、
どうも、乾燥が上手く行かなかったようでうす。
種の周りが白く噴いていて、もしかすると、カビが入ったのかもしれません。
諦めずに蒔いてみましたが、ちゃんと発芽するかは分かりません。
種蒔きだったら普通に100%発芽するので、来年はもっと良い対策を考えねば。
真夏の種の保存は湿気に気を付けて、カビない様に気をつけましょう。

 | ホーム | 

プロフィール

チベタン

Author:チベタン
------------------------
<< ここから >>
遠くに那須連山が良く見えます
<< これまで >> 
クリスマスローズの交配を始めて
今年で11シーズン目に突入です
<< これから >>
原種チベタヌスの実生苗が
ようやく7年目で一株開花しました
------------------------
FC2ブログへようこそ!
------------------------
・・・
当ブログの画像の商用利用に
ついてはご遠慮願います。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。