実生チベタヌスの新葉が展開しました。

やや遅れ気味に蕾が膨らんでいた当地のソメイヨシノも本日4月17日にようやく満開になりました。

先週金曜日の咲き始めから今日の満開になるまで4日しか経っていないので
超特急で春が来たというか
既に初夏のように暑くなってしまって暑さが苦手な自分にとって苦難の季節到来です。
 
今日は実生から育ているチベタヌスの様子についてです。

相変わらず成長の遅いチベタヌスの実生達ですが、結構大きく新葉が展開しているのも数ポット見られます。

今シーズンは、この中の実生7年目の一株に初めての初花が咲きましたが、
来シーズンは、期待を込めて5~10個くらいの個体に初花が咲いてくれるのではと密かに妄想しています。



スポンサーサイト

開花中のガーデンハイブリッド

4月も桜が満開を過ぎた東京近郊ではクリスマスローズの旬はとうに終わっていると思いますが、
当地ではこれからがガーデンハイブリッドの開花の季節、
遅れてばせながら庭のガーデンハイブリッドの1番花がようやく咲きそろってきました。
019_201704102055342a0.jpg DDホワイト
017_2017041020550112f.jpg SDホワイト
016_20170410205446286.jpg SSダークネクタリー
012_20170410205413a6a.jpg DDホワイトスポット
011_20170410205402e0d.jpg アシュードローズリップホワイト  
009_20170410205336e6e.jpg SDホワイト
014_20170410205429406.jpg アシュードホワイトフィズ 
008_20170410205322f8a.jpg SS丸弁フラッシュ、スポット
010_201704102053496eb.jpg SSホワイトスポット
ピンク系の花が多い当ブログですが、本日は現在開花中のハイブリッドの白色系の花を集めてみました。
015_20170417215955cbf.jpg
赤茶系のスポットが発色することが多いガーデンハイブリッドの白系の花ですが、
チベタヌス交配のペールピンクの花に多く現われる澄んだピンク色はやはり特別な贈り物だと思います。






今シーズン最後のチベタヌス交配(TH2017-009)が開花しました。

2017年シーズン最後のハイブリッドxチベタヌスの交配から育てていた株が開花しました。
004_201704072045442f8.jpg
 TH2017-009
最後のチベタヌス交配(TH2017-009)の花は、明るいペールピンクの花弁に程よく綺麗なベインが入って、
自分的にはチベタヌス交配の標準花というか理想形に近い花が咲いてくれました。

今日は終日あいにくの雨のち曇天の湿った空気だったのでこんな感じの色合いに撮れましたが
もし、この花の蕾が真冬の厳しい寒さに耐えた環境からゆっくりと咲いていたら
また違った冴えた色合いの花が咲くんだろうと思ったりしています。



今季の最後の地植えのチベタヌスが開花しました。

先日アップした地植えのチベタヌスが開花しました。

やはり原種の花の可憐さは完成されていますね、いくら交配で新しい花を作ってもこの可憐さには敵いません。

今年は実生苗から育てたチベタヌスの開花も初めて見られたし、一応、このブログを始めた
当初の目標もとりあえず達成する事が出来ました。

来春からは他の実生苗からも次々に初花が咲いてくるのではと期待しているのですが、
こればっかりは気難しいチベタヌスさん、
新芽がいくら大きくなっても花芽か葉芽か保証するものでは無いようです。

チベタヌス交配から咲いてくる優しい花色の交配種は、
通常ハイブリッドと呼ばれている園芸種のガーデンハイブリッドには見られないような
和風というか東洋的というか
江戸時代から延々と繋がっている日本人の園芸や品種改良に対する思いに通ずるものがあるように思います。

現状、ハイブリッド同士での複雑な交配を繰り返してきたクリスマスローズでは
再度、交配によって原種系のクリスマスローズを改めて導入するかしないと、
もう新しい花の作出は限界に近付いているのではと危惧しています。

さあ、種蒔きしましょう、
クリスマスローズはランの無菌播種より1000倍以上簡単だし、少し頑張れば素人にだってクローン培養も出来るかも・・
種蒔きから開花まで概ね4年以上掛かるとしても確実に交配結果が得られるのです。

むしのおかげでふりんのこの花も咲くんですけど・・・








チベタヌス交配(TH2017-009)、今シーズンの最後の初開花株

今シーズンの最後のチベタヌス交配(TH2017-009)の蕾が膨らんできました。
 010_20170404205309871.jpg TH2017-009
今シーズンの新花のラストは透き通るような優しい感じのピンク色の蕾でした。

さらに、1番花の花首が必要以上に長いのでチベタヌスの血を確実に受け継いでいる模様です。

花弁の内側がどうしても気になるところですが、
こんな感じにふっくらした丸い形で膨らんでくる蕾は経験上けっこう期待大です。

開花したらまたこのブログにアップします。




チベタヌス交配、思う通りの花はなかなか咲いてくれません。

2015年3月31日のブログに、この年の4株目の初開花株のチベタヌス交配としてアップした株が開花しました。
2016年の春は作落ちで開花しなかったので地植えにして養生していました。
 
他の濃い目のピンクの花の咲くチベタヌス交配の花と比べると花弁の色は同じ様に見えますが、
開花初年度の花と同じ様に
ベイン模様の入り方枝分かれをしているように広がっていて大きく違っているように感じるのと
小さなスポットが散っているのが少し残念な花になりました。

やはり、自分的にはペールピンクの花弁にチベタヌスの可憐なベインが
控えめというか、バランス良く綺麗に入った花が咲いて欲しいと思う今日このごろです。




今季最後のチベタヌスの花芽

今季最後のチベタヌスの開花株の蕾が見えてきました。
004_201704022117452bb.jpg 
この株は我が家の地植えのチベタヌスの中で毎年1番最後に開花するのですが、
遅れて咲く原因は、他の株より春先の日陰の時間が長くて地温が中々上がらないのが大きく影響しているようです。

こうして遅れて咲いてくれるおかげで、
4月になってから咲き始めるガーデンハイブリッドとの交配用に重宝しているのですが
葉芽の数ばかり増えた大株(太い葉芽が10本以上ありそうです)になっても
何故か隔年おきにしか花芽が立ち上がってこないので
今年の花芽1本のしょぼい状態でも感謝しなければいけないようです。




今季の初開花、チベタヌス交配(TH2017-010)の2番花が咲き出しました。

現在開花中のベインが綺麗に入った今季の初開花株、チベタヌス交配(TH2017-010)の2番花が咲き出しました。 
003_20170330205711c1d.jpg 
花弁の外輪に極細のピコティが入っているのと、
こうして拡大して良く観察してみると完全なベインではなく僅かにスポットも入っているようです。
002_20170330211022444.jpg 
この個体は他の交配種と比べても蜜腺が結構大きめですが、この程度の変化では
間違ってもセミダブルとはいえません。

もっともっと、ダブル咲きのハイブリッドの交配親を数多くチベタヌスとの交配のパターンに使えれば、
セミダブルのチベタヌス交配の花が、
もしかして 0.01%位の確率で何とか咲いてくれる日が来るのかも知れません。




ニゲル.ダブルファンタジーの実生から咲いた花

ニゲル.ダブルファンタジーの実生から咲いた花です。
 
ダブルファンタジーの実生を育てると親と同じ様にダブルの花が咲くようですが、
やはり実生の子なので完全に親と同じ花が咲くわけでは無いようです。

この実生株と親株との違いはというと、メシベの先端が細くて頼りない事かと、、、

この数年、何度もこの株にチベタヌスの花粉を受粉してみましたが、今の所、種は一粒も採れていません。

ダブルの花の咲くニゲルxチベタヌスが咲いたらと、今年も懲りないでこの花に交配しています。
・・・・・
006_201703302045548fc.jpg  
ようやくというか、地植えにしても花芽の発育不良が続いて、今年初めて咲いたニゲルxチベタヌスです。

株元の葉芽が何本も芽を伸ばし始めていて、
この沢山出てきた葉芽が全て来年の花芽になったら凄い大株になりそうです。

でも、ちょっと、この株の蕾も花もなんとなく勢いを感じません。

まだ根の調子が悪いのか、、遺伝的にこんな花しか咲かないの?
それとも、肥料が足りないの、、、? 
原因がどれとも違っていれば、一体どうすれば良いんでしょうねぇ。





原種シクラメンコームとガーデンハイブリッド

昨日降った春の雪も午後には殆んど融けて、
原種シクラメンコームのスミレのような紫の花が庭のあちこちで満開になっています。
 
蕾が開いてきた黄橙と赤橙のリバーシブルの花の咲くガーデンハイブリッドは何年ぶりかの開花です。
そして、春を彩るカタクリの蕾も下を向き始めています。
・・・
007_2017032821174092a.jpg 
昨日降った雪と一緒に咲いているチベタヌスです。

今年は花芽が2本しか立ち上がりませんでしたが、株元からしっかりした葉芽が展開し始めました。

隔年ごとに花芽が増減しているので来年の開花が楽しみです。



プロフィール

チベタン

Author:チベタン
------------------------
<< ここから >>
遠くに那須連山が良く見えます
<< これまで >> 
クリスマスローズの交配を始めて
今年で11シーズン目に突入です
<< これから >>
原種チベタヌスの実生苗が
ようやく7年目で一株開花しました
------------------------
FC2ブログへようこそ!
------------------------
・・・
当ブログの画像の商用利用に
ついてはご遠慮願います。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-


まとめ