ハイブリッドxチベタヌス交配(TH2016-006)が満開になりました。

ハイブリッドxチベタヌスの交配種(TH2016-006)が満開になったのでアップしておこうと思います。
007c_20180220205604868.jpg TH2016-006
005_20180220205606f20.jpg 角度を変えて撮影
006_20180220205439541.jpg 
以上・・

スポンサーサイト

実生のチベタヌスが開花しました。

昨年初開花した実生7年目のチベタヌスに引き続き2株目の実生チベタヌスが開花しました。
003_201802202007273ca.jpg 007_20180220202940dd3.jpg  
今年の実生チベタヌスの花弁の内側はピンク色というより赤色に近い濃い色です。
001_2018021920155292b.jpg 
その他の株達は開花を待つチベタヌス交配ですが、
濃い色の蕾のやつは、
交配に成功しているのか、失敗作なのか、現時点ではなんとも言えません。



繊細なチベタヌスのベインの入ったペールピンクの花が咲きました

今季のハイブリッドxチベタヌス交配の初花(TH2018-007) が本日開花しました。
004_201802182100244de.jpg TH2018-007
花弁の内側に繊細なベインが入ったペールピンクの花が咲きました。
003_20180218210025ec7.jpg 
やや小振りの整形花で原種チベタヌスの雰囲気を受け継いだ将来有望株です。

既に株元から何本も葉芽が展開し始めているので、来シーズンは沢山の花芽を期待できそうです。


2月21日、追加画像をアップしました。
続きを読む »

チベタヌス交配、今季の初花(TH2018-007)の蕾が開いてきました。

朝方の晴天が嘘のように午後になると天気は一変して猛吹雪になっています。
このまま降り続けていると明日の朝は久々の雪かきになりそうです。

昨日のチベタヌス交配の丸く膨らんでいた蕾は期待のダブルでは無くお決まりのシングルでした。
001_20180217202922cb8.jpg 
003_201802172029259c1.jpg 
この交配株はチベタヌスから受け継いだベインをしっかり受けついでいました。
懸念していたスポットのポチポチ模様もまったく無くてチベタヌス交配らしい落ち着いた感じの花になりそうです。

いつもこんな花が咲いてくれると良いのになぁ、、




チベタヌス交配、今季の初花(TH2018-007)は桃色ピンクの蕾

今季、初花するハイブリッドxチベタヌスの交配(TH2018-007) の蕾が膨らんできました。
002_20180216204542c5b.jpg TH2018-007
001_201802162045417a5.jpg 
この丸くコロンとした感じの蕾だったら、もしかしたらダブルが咲いたりして・・・
今までの自分の交配では、セミっぽい蜜腺の花は咲いたことがあるけれど
何故かダブル咲きのチベタヌス交配の花は一度も咲いてくれません。

そもそも自身の手持ちのハイブリッドにダブル咲きのハイブリッドが数株しか無いのと
その数少ないハイブリッドのダブルは普段でも種が出来辛いのばっかりが揃っているような気もするし
積極的にチベタヌス交配に使いたいような純白の小輪ダブルのハイブリッドを持っていません。

チベタヌス交配から咲いたシングルの花は、
現在ダブルが主流のクリスマスローズの流行が終わらなくても
優しく落ち着いた雰囲気の可憐な花姿が十分に鑑賞に値するというか、
たくさんの日本人が例外なく早春に咲く桜の花を愛する心に通じるように思います。

多分、この花もシングルの可能性100%に近いのですが、
きっと将来誰かがチベタヌスを交配親にした夢のようなダブルのペールピンクの花を咲かせると願っています。



原種チベタヌス、実生から育てた株の蕾が膨らんできましたが、

今日アップしたチベタヌスの実生苗は昨年咲いた株とは別の実生株で
蕾の数が2個しかつかなかった小さなひよっこさんです。
001_20180215215301148.jpg 
002_20180215215335e3b.jpg 左右から撮影
昨年実生7年目の苗から初めての開花に成功した株は開花の為に体力を使ってしまったのか
今年は葉芽だけの小苗に戻ってしまいました。

せっかく成株になったと思っていた株が翌年も連続で開花しなかった原因を考えるに
現在まで栽培を始めた頃の輸入株を地植えに下ろして毎年開花する事を待っていた自分にとって
やはり、原種チベタヌスというものは、
どこまで肥培して良いのか未だ手探りの状態の真っ只中です。



今季の初花のチベタヌス交配(TH2018-003)が満開になりました。

今季初花が咲いたハイブリッドxチベタヌスの交配種(TH2018-003)が満開になりました。
004_20180214211838ba4.jpg TH2018-003
数日前はピンク色だった蕾も開花が進むにつれてだんだん薄くなりました。
003_20180214212135d4e.jpg 2番花
撮影時の光の具合でうまく撮れていませんが、繊細なチベタヌスベインは薄ピンク色を残しています。
002_20180214211839bc9.jpg 1番花
スポットも全然無くて、白花ハイブリッドxチベタヌスの交配をすると
多分、標準というか基準になるというか、
いつもこんなペールピンクの優しい感じの花が咲いてくれれば良いんだけれど、
交配に使うハイブリッドにスポットの隠れ遺伝子があると結果は悲惨な目に合うことも多々あることも事実です。



チベタヌス交配、この交配種の初花の咲いた時と比べてみました。

今日はチベタヌス交配(TH2016-006)の初花の咲いた2016年と株が充実して咲いた今年の花を比べてみました。
002_201802132115286cd.jpg TH2016-006
今年の花茎は大小7本、やや細めの花茎がすらっと立ち上がって咲き始めました。
写真では花弁の内側のピンクのベインがはっきり撮影出来ませんでしたが、
この交配種は、ニゲルxチベタヌスの交配種に見られる不鮮明なベインの入り方に似ているようです。
016_201802132130225cf.jpg 2016/2/18 撮影
初花の咲いた2016年のこの固体は葉芽が花芽より先に展開したり
花茎は一本、蕾も一個の中途半端、
雄蕊も貧弱でベインもはっきりしない純白に近い花が咲きました。

株が大きくなって充実するにつれ、年々この交配種の遺伝子が持つ本来の咲き方になっているのだと思います。



濃い色の蕾、今年はこんなん多いです。

今年は、チベタヌス交配として選抜して実生の中から育てていたものに、
どうも濃い色の蕾の固体が多い傾向があるので戸惑っています。
007_20180211212950a01.jpg TH2018-004
数年前のブラック系との交配で赤い色のチベタヌス交配の花が咲いたとの記事が掲載されたことがありましたが、
自分もせっせと手持ちのルーセブラックとチベタヌスを試みた時期が何年もあって
ルーセブラックに手持ちのチベタヌスを交配すると毎年確かに子房は大きく膨らむのですが、
結局、種は一粒も採れず仕舞いで失敗を続けていました。
010_2018021121295195f.jpg TH2018-005
今日アップしたのは、交配したルーセブラックの子ではありませんが、
シングルのダークパープル系の交配から採れた濃い色の子達ではないかと思われます。
011_20180211212952a54.jpg TH2018-001
今更ですが、この黒い葉の姿を見ると交配に失敗したセルフの子の可能性もかなり激高なのですが、
008_20180211212949d0e.jpg TH2017-011
「交配に成功していた」 と信じたいとの思いもあります。

経験上、セルフ交配で種が稔ればチベタヌスとの交配に失敗している可能性が高くなるので分りやすいのですが
果たして・・・
開花が待たれます。






チベタヌス交配(TH2016-006)の最初の花が満開になりました。

昨日アップしたチベタヌス交配(TH2016-006)の最初の花が満開になりました。
002_20180211212849974.jpg TH2016-006005_20180211212850afe.jpg 
昨年咲いた弱々しい花と比べると雄蕊の形も数も増えて明らかに充実してきました。
花の径の大きさは昨年と同じく変化が無いので多分この大きさで確定かと思われます。

今年はこの交配種を絶種させないように株分けして予備株を作ろうかと思います。



プロフィール

チベタン

Author:チベタン
------------------------
<< ここから >>
遠くに那須連山が良く見えます
<< これまで >> 
クリスマスローズの交配を始めて
今年で11シーズン目に突入です
<< これから >>
原種チベタヌスの実生苗が
ようやく7年目で一株開花しました
------------------------
FC2ブログへようこそ!
------------------------
・・・
当ブログの画像の商用利用に
ついてはご遠慮願います。

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-


まとめ